ジレンマ

数日の間
ここに書き記すことが 出来ませんでした

ウィークディは いつも通り 残業で
帰宅しても 彼が 近くにいたから
当然ですが 彼は ここの存在を 知らないはず

週末は あたしの 個人的な都合のため
ここに これなかったし


この数日ですが

あたしの都合ですが
彼とは 離れて 生活しています

あんなに…
自分から 諦めるって 誓ったのに
もう 仕方がないって
わかったつもりで いたのに

離れていると
余計に 切なさが 溢れてきて
止まりません
体調が 万全でないことも
あるのでしょうが
悲しい気持ちで
いっぱいになって しまいます


それより なにより 辛いのは…
彼が あたしの 近くにいるだけで
元気が なくなって しまうこと
(会った時間は 少しなのに…)

彼を 見ていたいけど
あたしが 見てる 彼は
あたしの 好きな 彼ではありません
もう…
あたしの いないところでしか
輝いてくれないのかも しれません

『愛してる』 と想うだけなのに
思っていることで
彼を 苦しめるなら それすら 叶わないのでしょう


あたしの心は 完全に 殺してしまった方が
彼は幸せに なれるのかも しれません


明日は ひとまず
また 彼の待ってる 部屋へ
戻ります

彼が 部屋を 去るまで
こんなジレンマは 続くのでしょう…
去っても…
あたしの想いは 残るでしょうし
[PR]
by lovely-makii | 2006-04-09 22:15 | 想うこと
<< 最後の日 弱さ >>